記事詳細

北の新女帝・金与正氏は男勝りで好戦的か 韓国側も危機感

 4月末、北朝鮮の金正恩労働党委員長に浮上した重体説。各国で「すでに死亡」「脳死状態」と後追い報道が相次いだが、正恩氏の姿を北朝鮮メディアが報じ、騒動は幕引きに。この機に注目されたのが北の後継者問題だ。北朝鮮情報サイト「デイリーNKジャパン」編集長の高英起氏が語る。

 「金正恩委員長に健康不安が残るのは事実。彼に万一のことがあった場合の後継者は、妹の金与正(キム・ヨジョン)しかないでしょう」

 党第1副部長を務める1988年生まれの与正氏は今年32歳。2015年に結婚し、1児を出産したとされる。

 「2018年の平昌五輪では代表団を率いて初訪韓し、南北会談にも同行するなど、ファーストレディ的ポジションにあった。韓国では笑顔を振りまき、文在寅政権の高官からも好評でした」(高氏)

 鼻筋がきりりと通った“クールビューティ”。

 「訪韓の際は微笑みが可愛らしいと好意的に報じられ、目尻を下げた韓国男性は多い」(韓国紙記者)

 だが、3月2日に北朝鮮が短距離弾道ミサイルを発射し、韓国大統領府(青瓦台)が遺憾の意を示すと態度は急変。〈青瓦台はまるで3歳児〉〈低能ぶりに驚かされた〉〈怖気づいた犬ほどよく吠える〉と金与正名義で挑発的な声明を発したのだ。

 「酔って側近を叱責した金正恩を強く諫めたという話も伝わり、男勝りで好戦的な人柄が窺われる。彼女主導になれば偶発的な衝突の可能性もあると韓国側は危機感を強めている」(同前)

 後継者には正恩氏の叔父・金平日氏の名も挙がるが、高氏はこう見る。

 「女性が指導者になれないというのは昔の話。金日成の血を引く彼女なら何ら問題ない。政治家としての“腹芸”もでき実務的素養は十分」(高氏)

 世界が“氷の微笑”に振り回される日は来るか。

 ※週刊ポスト2020年5月22・29日号

NEWSポストセブン

関連ニュース