記事詳細

トランプ大統領、香港の自治を守るため「強力対応」示唆 議会では制裁法案審議へ

 トランプ米大統領は21日、中国が22日開幕の全国人民代表大会(全人代)で香港を対象にした国家安全を維持するための法律に関する議案を審議することに関し、「強力な対応」を取る可能性を示唆して中国を牽制(けんせい)した。

 米上院では共和、民主両党の議員が「中国共産党の介入から香港の自治を守るため」として、この議案に関わった中国高官に対して制裁を科す超党派の法案を提出すると発表した。法案は、こうした高官と取引する銀行も対象に含むといい、議会で審議される。

 トランプ氏はホワイトハウスで記者団に、実際の議案の内容については「誰もまだ知らない」と指摘。その上で、今後の事態の進展によっては「強く問題視するだろう」と述べた。

 議案を巡っては、成立すれば香港でも中国本土と同様に中国共産党に対する批判的言論や抗議活動が禁じられ、香港の「一国二制度」が失われるとして、国際社会から懸念の声が上がっている。(共同)

関連ニュース