記事詳細

安倍首相、120日連続休日返上も…内閣支持率下落 トランプ氏はゴルフ解禁

 ドナルド・トランプ米大統領は23日(日本時間24日)、首都ワシントンに近い南部バージニア州のゴルフ場を訪問し、プレーに興じた。米CNNが伝えた。トランプ氏がゴルフをしたのは、3月8日以来、約2カ月半ぶり。新型コロナウイルスの感染拡大で自粛していたという。

 米国では、新型コロナウイルスの感染者が156万8000人を超え、死者は9万4000人以上(国際保健機関=WHO=24日発表)だが、各地で外出禁止などの制限緩和が始まっている。

 米政府対策チームのデボラ・バークス調整官も感染予防措置を取ればゴルフやテニスなどの運動は可能との立場だ。

 一方の日本は、感染者約1万6550人、死者838人とケタ違いに少ないが、安倍晋三首相への逆風が続いている。東京高検検事長の賭けマージャン問題もあり、内閣支持率は、毎日新聞(23日実施)が27%(前回比13ポイント減)、朝日新聞(23、24両日実施)が29%(同4ポイント減)だった。

 安倍首相は休日返上でコロナ対策にあたっており、連続執務日数は24日で120日。2012年12月の第2次安倍内閣発足以後の最長記録を伸ばしている。

関連ニュース