記事詳細

金正恩印のお菓子セット「コロナ感染の疑い」で大騒動 (3/3ページ)

 パラチフスとは、パラチフスA菌が引き起こす感染症で、高熱、発熱、下痢などの症状を見せ、汚染された食品や水からの経口感染する。抗生剤できちんと治療を受けなかった場合、無症状の保菌者となり、便を通じて菌を排出する。

 先進国での発生は、ほとんどが海外からの帰国者からのものだが、発展途上国では子どもや若者に多く発生している。北朝鮮は、不足する肥料を補うために毎年1月から全国的に「堆肥戦闘」、つまり人糞集めキャンペーンが大々的に行われることから、それを通じてパラチフスの感染が広がっていると考えることもできる。

 (参考記事:北朝鮮「人糞が足りなければ刑務所行き」

 入院した女性は10日以上も高熱が続いたが、症状が落ち着き、既に退院した。新型コロナウイルスでなかったということで、当局も地元住民も胸を撫で下ろしているだろうが、安心するのはまだ早い。国境を接する中国・吉林省とその隣の遼寧省が、中国における新型コロナウイルス感染の第2波の中心となっているからだ。

 (参考記事:北朝鮮「核実験場地区」でコロナ集団感染か…病院は搬送拒否

デイリーNKジャパン

関連ニュース