記事詳細

京アニ放火殺人・青葉容疑者、あきれた供述「死にたくなくて逃げた」 「犠牲者は2人ぐらいだと思っていた」

 36人が犠牲になった京都アニメーション放火殺人事件で、殺人や現住建造物等放火などの容疑で逮捕された青葉真司容疑者(42)が「死にたくなくて(現場から)逃げた」という趣旨の供述をしていることが29日、分かった。京都府警は、大きなやけどを負うことを想定しておらず、驚いて逃走したとみて調べている。「(犠牲者は)2人ぐらいだと思っていた」とも話していたという。

 捜査関係者によると、事件当日、青葉容疑者はガソリン計40リットルを購入したが、実際に使われたのは4分の1程度だった。青葉容疑者がガソリンの揮発性や燃えやすさを正確に認識していなかったため、大火災につながったとみられる。

 青葉容疑者は「(犠牲者は)2人ぐらいだと思っていた」と供述していたことも分かった。事件で全身の約9割にやけどを負い、10カ月にわたって治療を続けていたため被害の全容を把握する機会がなく、36人が亡くなったことも27日に逮捕状を読み上げられて初めて認識したとされる。

 その後の調べに対し、「ガソリンを使えば多くの人を殺害できると思った」とも供述。被害の状況を知った際は取り乱すこともなく、被害者や遺族への謝罪の言葉はなかったという。

 青葉容疑者は昨年7月18日午前10時半ごろ、京都市伏見区の第1スタジオに侵入し、ガソリンをまいて火を付けた疑いが持たれている。直後に逃走し、現場近くで身柄を確保された。

 京都府警は、青葉容疑者が「自作の小説を盗まれた」と一方的な恨みを募らせた末の犯行とみて調べている。