記事詳細

金与正氏「南北合意」破棄もあり得ると警告 脱北者らのビラ散布に反発

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長は4日、談話を発表し、韓国内の脱北者らが北朝鮮を批判するビラを大量に散布したと非難、韓国当局が再発防止策を取らなければ緊張緩和に向けた南北軍事合意の破棄もあり得ると警告した。朝鮮中央通信が伝えた。

 談話は、南北経済協力事業の開城工業団地の完全撤去や共同連絡事務所の閉鎖の可能性にも言及した。

 与正氏は2017年10月の党中央委員会総会で政治局員候補に選出。19年2月の米朝首脳会談(ベトナム・ハノイ)が決裂した責任問題からか、一時は解任情報も流れたが、今年4月中旬の最高人民会議で政治局員候補に返り咲いていた。

 与正氏は、正恩氏に代わって対韓・対米の外交談話を発表するなど、正恩氏の後継候補として有力視されている。

関連ニュース