記事詳細

与正氏、韓国との通信線遮断 ビラ散布に報復

 北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、韓国の脱北者団体による北朝鮮批判ビラ散布を巡り、韓国政府に対する最初の報復措置として、同日正午(日本時間同)から南北間の通信連絡線を完全に遮断することが決まったと伝えた。

 朝鮮中央通信によると、対韓国担当部署を集めた会議が8日開かれ、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長と金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長が段階別の報復措置を審議した上で、通信遮断を指示した。

 遮断されるのは、北朝鮮・開城(ケソン)の南北共同連絡事務所を通じて維持してきた政府当局間の通信連絡線、軍部間の通信連絡線、朝鮮労働党本部庁舎と韓国大統領府間の直通通信連絡線。 (共同)

関連ニュース