記事詳細

「韓国のビラ見た国民を処刑」金正恩氏の妹、金与正氏の“対敵活動”が始動か (1/2ページ)

 咸鏡北道(ハムギョンブクト)在住の情報筋が韓国デイリーNKに伝えた話しによれば、「今月初め、清津(チョンジン)市をはじめとする道内の社会安全部(警察)幹部らを対象に、南朝鮮(韓国)からの敵宣物の危険性に関する講演が行われた。講演では敵宣物によって思想が変質し、南朝鮮への憧れを露骨に表現し、国家を非難したある男性を処刑したとの言及があった」という。

 ここで言う「敵宣物」とは、韓国の脱北者団体が北へ向けて飛ばしている金正恩体制非難のビラや、同様のコンテンツが記録されたメモリカードの類のことと思われる。

■女性を全身ギプスで

 北朝鮮はこのところ、ビラを飛ばしてきた脱北者団体や、それを許してきた韓国政府を猛烈に非難。9日には対抗措置として、朝鮮労働党本部庁舎と青瓦台(韓国大統領府)のホットラインをはじめ、韓国との通信線を全面遮断した。

 そうした対南攻勢の口火を切ったのは、金正恩朝鮮労働党委員長の妹・金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長が4日に発表した非難談話だった。

 この談話を受け、同党機関紙の労働新聞は7日、「わが最高尊厳(金正恩氏)を攻撃した挑発者たちを無慈悲に処刑する」とした金明吉(キム・ミョンギル)中央検察所長の発言を掲載。また朝鮮中央通信は9日、金与正氏が「対南事業を徹底的に対敵活動に転換すべき」と指示したことを明らかにした。

 冒頭で述べた処刑の犠牲者は、脱北者ではなく北朝鮮国内に在住する男性である。しかし近年、北朝鮮の秘密警察は脱北者に対して様々な工作を仕掛けており、韓国でタレント活動をしていた女性を全身ギプスで拘束し、拉致したとの情報まである。

 (参考記事:美人タレントを「全身ギプス」で固めて連れ去った金正恩氏の目的

デイリーNKジャパン

関連ニュース