記事詳細

“爆破女”与正氏の暴走で…韓国・文大統領の支持率急落! 識者「結局、文大統領は何もできずに終わる」 (1/2ページ)

 “爆破女”の暴走で文在寅(ムン・ジェイン)政権が窮地に立たされている。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長が、南北共同連絡事務所を爆破したことで、文政権の支持率が急落しているのだ。北朝鮮も「爆破」は序章に過ぎないと宣言している。もはや文大統領に打つ手なしか。

 韓国の世論調査会社リアルメーターが18日に発表したデータによれば、文大統領の支持率が前週から4・6ポイント減の53・6%だった。不支持率は4・1ポイント増の41・1%で今年最も大きな下げ幅になったという。

 2018年には南北首脳会談で板門店(パンムンジョム)宣言が発表されたが、「同宣言の国会批准が南北関係の改善に役立つ」という主張には「共感しない」が半数を超えた。

 支持率の急落に文大統領は、19日に金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部相の辞表を受理した。金氏は17日に「私は南北関係の悪化のすべての責任を負って退くことにした」と話していた。

 また南北共同連絡事務所爆破の引き金となってしまったビラまきも規制を急ぐ。聯合ニュースによると、韓国警察トップのミン・ガプリョン警察庁長が「あらゆる不法行為に対し徹底的に捜査し、厳正に司法処理する」と明らかにした。

 ただ、いたちごっこのように脱北者の団体は米の入ったペットボトルを散布する予定があるという。19日の中央日報が伝えている。

関連ニュース