記事詳細

【政界マル秘紳士録】二階俊博・自民党幹事長 嗅覚と抜群の勝負勘、懐の深さは当代一! “永田町で最も目の離せない政治家” (1/2ページ)

 自民党の二階俊博幹事長は9月8日まで続ければ、田中角栄元首相の幹事長在任記録1429日を抜き、歴代最長となる。

 二階氏は、安倍晋三首相の長期政権で政治力を高めた代表格だ。二階氏の力の源泉は、政局を読む嗅覚と抜群の勝負勘といわれる。

 二階氏の政治家人生は波瀾(はらん)万丈そのものである。自民党最大派閥だった田中派で初当選。その後、自民党を離党して与党、野党を繰り返してようやく自民党に復党した。

 華やかに見える政治の世界も、水面下では、「昨日の友は、今日の敵」「嫉妬の坩堝(るつぼ)」「権力闘争」の連続である。そうした修羅場を乗り越えての今日である。巧みな政界遊泳術のたまものというほかはない。

 懐の深さは当代一だ。保守系の野党議員に「もう、そろそろ、良いだろう、こっち(自民党)で一緒にやろう」と声をかけ、二階派に迎えることもしばしばである。自民党内は大反発だが、当の野党議員にとって、二階氏は「救世主」である。

 人情の機微に触れた心配りもけた外れである。こんなエピソードがある。

 親しい友人の娘さんの結婚式の主賓を頼まれた二階氏が新郎新婦に会った際、新郎側の主賓が勤務先の課長だと知り、自ら新郎の勤務先の社長に電話を入れ、新郎側の主賓として出席するよう段取りをつけ、あいさつしたというのだ。新婦の主賓が政権与党の幹事長で、新郎の主賓が課長では新郎家側が肩身の狭い思いする、という思いやりからであった。

 「そこまでするか」とも思うが、1939(昭和14)年生まれの、残り少ない「焼け跡世代」の政治家である。そこら辺の苦労人とは「苦労」のレベルが違うのである。

関連ニュース