記事詳細

「脱北者ビラ」を見てしまった北朝鮮軍人の残酷な末路 (1/3ページ)

 「親愛なる指導者、金正日同志は1942年2月16日に白頭山密営でお生まれになった」

 これが、北朝鮮の定めた金正日総書記の公式の生い立ちだ。しかし、これは「白頭の血統」の正統性を高めるため、後に創作されたものと言われている。

 金正日氏の出生については様々な説があるが、生まれたのは1941年2月16日で、場所は旧ソ連(現ロシア)のハバロフスク近郊のビャーツコエ、ウラジオストクとウスリースクの中間にあるラズドリノエ、ウラジオストク郊外のオケアンスカヤなどと言われている。ちなみにオケアンスカヤ駅には、2002年8月23日に金正日氏が訪問したことを示すロシア語と朝鮮語で書かれた表示が設置されている。

 出生時の名前はユーリー・イルセノビッチ・キム、愛称はユーラで、北朝鮮に帰国後もしばらくはキム・ユーラと呼ばれ、金正日という名前を使うようになったのはその後のことと言われている。

 金氏一家のプライベートなこと、ましてや「正史」として定められたこと以外に言及するのは、不敬極まりない行為で、違反者は重罰に処される。

 デイリーNK内部情報筋によると、開城付近の軍事境界線で朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の大隊長を勤めていた人物が、金正日氏の「真実」に触れたことで悲惨な最期を迎えてしまった。

 大隊長は今年初めに行われた検閲(監査)で、軍事物資を着服していたことが判明し、3月に早期除隊、つまり免職になっていたが、その後も行政的な問題を処理するために部隊に通っていた。

デイリーNKジャパン

関連ニュース