記事詳細

東京が「コロナ第2波」の震源地に!? 入国規制緩和で…強毒化ウイルス拡散の恐れも (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの感染者数が4日連続で50人を超えた東京都。「感染第2波」の震源地となりつつあり、隣接する埼玉県が都内での飲食自粛を呼びかける事態となっている。現状では重症者は多くないが、今後、入国規制が緩和されるなかで、強毒化したウイルスが拡散する恐れはないのか。

 29日まで7日間の平均では約51・9人。従来の「東京アラート」の枠組みで再度の休業要請の指標としていた50人を上回った。都の担当者は「医療態勢が逼迫(ひっぱく)している状況にはなく、入院患者も急増はしていない」と説明。休業要請については否定的な考えを示す。

 都は東京アラートの解除後に指標の見直しを表明しており、感染状況や医療態勢を伝えるための新しい指標の方向性を30日に公表する。

 29日の感染者58人のうち20代が32人、30代が14人で若年層が目立つ。ホストクラブなど夜の繁華街に関連した感染が疑われるのは32人で、うち25人が新宿近辺という。感染経路が不明なのは24人だった。

関連ニュース