記事詳細

都知事選当日に「#宇都宮」で物議 枝野氏“脱法餃子”ツイートに批判の声 (1/2ページ)

 東京都知事選は現職の小池百合子都知事の圧勝で終わったが、SNS上では、投開票日当日の5日に立憲民主党の枝野幸男代表=顔写真=らが展開した「宇都宮餃子(ギョーザ)談義」が焦げ付いている。立民は都知事選で宇都宮健児氏を支援、公選法は投開票日当日に特定候補への投票を呼び掛ける行為を禁じており、ネット上には「脱法的だ」との批判が相次いだ。

 「宇都宮みんみんで育った私は、18才で宇都宮を離れてから仙台でも東京でも餃子専門店を探したが見つからず ラーメンや炒飯、野菜炒めがメニューにあるのは中国料理店 ビールもライスもないのが餃子の店 今もそう思うので全国チェーン『餃子の○将』の名前には違和感 味は好きだけど」

 枝野氏は5日朝にこうツイッターで投稿した。福岡県の市議が「餃子といえば宇都宮が有名ですね」。板橋区議が「みんな、明日は宇都宮の餃子について語ろうぜ!」と投稿、「#宇都宮」とハッシュタグ(検索の目印)が付けられた。

 ネット上では宇都宮氏を「におわせ」たのではとの批判が続出、立民若手も「枝野氏は焼きが回ったのではないか。姑息だ」と指摘した。

 枝野氏は6日、高知市内での記者会見で「誤解とご心配をおかけして恐縮だが、他意はない」と釈明。記者団から「公選法に抵触していないのか」と問われたが「ツイートの通りだ」と繰り返し、回答を避けた。

関連ニュース