記事詳細

金与正氏、党政治局委員に選出か…「韓国叩きで抜擢」との評価 (1/2ページ)

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の妹である金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長が今月2日に開かれた党中央委員会第7期第14回政治局拡大会議に、政治局委員として参加したもようだ。

 北朝鮮の内部情報筋が韓国デイリーNKに伝えたところによると、「2日に開かれた政治局拡大会議に、金与正同志は政治局委員として参加した。正確にいつ、政治局委員になったかはわからないが、会議の参加者の大部分は、このとき初めて金与正同志が政治局委員になっていたことを知った」という。

 今回の拡大会議では組織問題(人事)は扱われておらず、金与正氏は会議参加時にはすでに政治局委員となっていたという意味だ。情報筋によれば、金与正氏が座った席の机に置かれたネームプレートには「党政治局委員 金与正同志」と書かれていたという。

 また、金与正氏は拡大会議で、最前列の右から2番目に着席していたことが北朝鮮メディアの映像からわかっているが、これは左隣の鄭京択(チョン・ギョンテク)国家保衛相よりも上位に当たる。鄭氏が政治局委員であることを踏まえると、情報筋の説明は事実である可能性が高いと思われる。

 金与正氏の政治局委員選出が事実ならば、女性としては金正日総書記の妹・金慶喜(キム・ギョンヒ)元党書記に続いて2例目となる。

 金与正氏は2017年10月に政治局委員候補に選出されたが、ベトナム・ハノイでの米朝首脳会談(2019年2月)が決裂した後に開かれた党総会(同4月)でいったん解任され、今年4月11日の党政治局会議で政治局委員候補に再選出された。政治局委員選出が事実ならば、委員候補復帰から3カ月も経たずスピード出世したことになる。

デイリーNKジャパン

関連ニュース