記事詳細

「総選挙」「ポスト安倍」見据えて蠢く政界キーマンたち 石破氏、再び二階氏訪問 麻生氏も会食

 政界キーマンたちが、次期衆院解散・総選挙や、「ポスト安倍」などへの思惑を抱えて蠢(うごめ)いている。

 自民党の石破茂元幹事長は15日、二階俊博幹事長を党本部に訪ね、会談した。永田町で「親中派タッグ結成か」と言われた6月8日に続き、改めて、9月開催の石破派パーティーの講師を依頼した。新型コロナウイルス対策でも意見交換したという。林幹雄幹事長代理が同席した。

 二階氏は同日夜、麻生太郎副総理兼財務相と、東京・銀座のステーキ店で会食した。麻生、二階両派の幹部も同席した。

 安倍政権の実力者である両氏は、6月16日にも都内の日本料理店で会食している。当初は安倍晋三首相も参加を予定していたが、九州を中心とする豪雨災害を受けて取りやめた。

関連ニュース