記事詳細

千代田区長が議会解散通知 議会は解散通知の無効を求める訴訟検討

 東京都千代田区の石川雅己区長は28日、家族と購入したマンションの取引を巡り、区議会が地方自治法100条に基づく委員会での虚偽証言などを理由に刑事告発を決めたのは事実上の不信任だとして、議会の解散通知を議長宛てに提出した。小林孝也議長は「違法な解散通知だ」とし、議会は解散通知の無効を求める訴訟を検討する。

 区議会は3月、石川区長が区内の高級マンションの一室を優先的に入手できるよう業者に取り計らってもらった可能性があるとして同法100条に基づく調査を決めた。

関連ニュース