記事詳細

イソジンは本当に効くのか!? 売り切れ相次ぎ株価は急騰… 医学博士・中原英臣氏「重症化予防には懐疑的」

 今度はうがい薬が買えなくなるのか。大阪府の吉村洋文知事が4日の記者会見で、新型コロナウイルスの軽症患者がポビドンヨードを配合したうがい薬を使ったところ、唾液内のウイルスが減少したとして、うがいの励行を呼び掛けた。店頭では「イソジン」などの売り切れが相次ぎ、関連株が急騰した。

 研究では、府内の宿泊施設で療養中の軽症患者41人に1日4回、ポビドンヨードを配合したうがい薬でうがいをしてもらった患者と、しなかった患者の唾液についてPCR検査を実施。しなかった患者は4日目で約40%が陽性だったのに対し、うがいをした患者は約9%と低かった。

 大阪はびきの医療センターの松山晃文・次世代創薬創生センター長は、重症化や感染拡大を防ぐ効果は直接示していないと説明。唾液による飛沫(ひまつ)感染の抑制を期待しているとした。

 吉村知事は「うがい薬の買い占めはやめてほしい」と呼び掛けたが、会見は日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で中継され、ドラッグストアで売り切れが相次いだ。

 4日の東京株式市場で「明治うがい薬」を発売する明治ホールディングスの株価が年初来高値を更新。「イソジン」の販売提携先の塩野義製薬の株価も上昇した。フリマアプリでは、ポビドンヨードの含まれる第三種医薬品のうがい薬が一時、店頭価格の5倍以上で売買されたが、医薬品の転売は禁止のため削除された。ポビドンヨードが含まれない医薬部外品のうがい薬も店頭価格の数倍で取引されている。

 西武学園医学技術専門学校東京校校長で医学博士の中原英臣氏は、「ポビドンヨードは口腔内のウイルスをほとんど殺せるため予防効果はあるが、重症化の予防については現段階では懐疑的だ。唾液でPCR検査する場合、ポビドンヨードを使用していると実際は陽性でも陰性となる可能性がある」と指摘した。

 

関連ニュース