記事詳細

ポンペオ米国務長官、中国通信さらに締め付け! 通信アプリ「WeChat」も使用禁止へ

 米国の通信分野での「中国排除」は本気だ。ポンペオ米国務長官は5日の記者会見で、中国企業による米国内での通信事業の包括的な制限を目指す新方針を発表した。動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」に加え、通信アプリ「微信」(英語名WeChat=ウィーチャット=)など中国製アプリを使用禁止とする考えを示した。

 中国電子商取引最大手アリババグループなどによる米国内でのクラウド事業も制限する方針。 ポンペオ氏は記者会見で「米国の情報を信頼できない事業者から守る」と強調。第5世代(5G)移動通信システムから華為技術(ファーウェイ)などを排除する政策をさらに拡大させた。

 ポンペオ氏はウィーチャットやティックトックを名指しで「米国民の個人データへの重大な脅威だ」と批判、米国内のアプリストアからの排除する方針を示した。ファーウェイ製品などが米国製アプリを使用できないよう取り組むとも述べた。

 中国の情報収集を防ぐために、米国内でクラウド事業を展開する中国企業の活動を制限する考えも発表。米国と海外の通信に中国事業者を使わないように取り組むとしたほか、海底ケーブル通信網からも中国の事業者を排除するなど徹底した方針を打ち出した。

 日本はどうするのか。

関連ニュース