記事詳細

帰ってきた民主党!? 合流新党「新しい形」でも顔ぶれは… 140人超規模、9月上旬にも結成

 立憲民主党が、国民民主党などに呼び掛けた合流新党が、衆参で計140人超の規模となる見通しになったことが、両党幹部らへの取材で分かった。支援組織の連合の今後の対応や、態度未定者の動向次第で150人を大きく超える可能性もある。ただ、「帰ってきた民主党」といえる顔ぶれで、国民の支持を得られるのか。

 「月が明けたころには新しい形でパワーアップし、政権奪取に向けて大きな一歩を踏み出したい」

 立憲民主党の枝野幸男代表は13日、両院議員懇談会で「合流新党」を9月上旬にも立ち上げる意向を表明した。

 枝野氏は、国民民主党の小沢一郎衆院議員とも国会内で会談した。小沢氏は「一兵卒の立場だが、一日も早く大きな固まりをつくり国民の期待に応えられるよう頑張りたい」と応じた。

 立憲民主党は衆院56人、参院33人の計89人。国民民主党は衆院40人、参院22人の計62人で、このうち平野博文幹事長、原口一博国対委員長ら衆院は25人程度、参院も10人近くは新党参加が有力視されている。

 このほか、無所属のうち、野田佳彦前首相と、岡田克也元副総理が率いる衆院の2グループは計20人。岡田氏のグループは12日に新党参加の方向性を確認した。野田氏のグループも合流実現を訴えている。

 「悪夢」といわれた民主党・鳩山由紀夫政権で、枝野氏は行政刷新相、小沢氏は党幹事長、平野氏は官房長官、原口氏は総務相、野田氏は財務副大臣、岡田氏は外相を務めた。

関連ニュース