記事詳細

【ポスト安倍の条件】米大統領選、ハリス氏は「米国初の女性大統領」に近づいた 日本も「女性の宰相候補」がいてほしいが… (1/2ページ)

 米大統領選で、民主党候補となるジョー・バイデン前副大統領は、副大統領候補に黒人女性、カマラ・ハリス上院議員を選んだ。ジャマイカ出身の経済学者という父と、インド出身の医学者の母(バラモン階級)を持ち、カリフォルニア州司法長官も務めるなど、知的エリート層に属し、「女オバマ」といわれてきた。

 バイデン氏は当選しても就任時に78歳で、任期をまっとうできない可能性があり、再選立候補も難しい。ハリス氏が「米国初の女性大統領」に近づいたといえる。そうなると、日本でも「女性の宰相候補」くらいはいてほしい。

 ■稲田朋美幹事長代行 ハリス氏に重なるイメージ、「改革志向」強める

 自民党の稲田朋美幹事長代行は、ハリス氏と同じ法律家(弁護士)であり、世襲政治家でもないあたりイメージを重ねやすい。保守政治家としてデビューしたが、最近は政策通、社会派として幅が出てきた。新型コロナウイルス終息後の社会像を議論する議員連盟を結成するなど、岸田文雄政調会長らより「改革志向」を強め、二階俊博幹事長とも関係良好である。

 ■最も堅実に重要ポストこなす高市早苗総務相

 高市早苗総務相については、女性政治家の中で、重要ポストを最も堅実にこなしてきたことを評価すべきだという人は多い。

関連ニュース