記事詳細

中国に最高機密を漏洩 香港生まれの元CIA職員がスバイ活動

 米司法省は17日、最高機密を含む情報を中国に漏洩(ろうえい)した容疑で元中央情報局(CIA)職員アレクサンダー・マー容疑者(67)を14日に逮捕したと発表した。同じく元CIA職員だった親戚と共謀し、中国情報機関当局者に渡していたという。

 マー容疑者は香港生まれで後に米国の市民権取得。1982年にCIA勤務を始め、最高機密に触れる立場にあった。89年にCIAを退職後に上海に移り住み、2001年にハワイに移った。

 情報漏洩は、01年に香港で中国情報機関にCIAの要員や作戦、通信手段などに関する情報を渡したことから始まった。この際にマー容疑者が現金5万ドル(約530万円)を受け取った動画があるという。

 ハワイでは連邦捜査局(FBI)に職を求め、04年に中国語文書の翻訳などを担当する契約職員になり、6年間、機密扱いされた文書などをコピーするなどして盗み、中国を頻繁に訪問して渡していたとされる。

 19年にFBIによる中国情報機関を装ったおとり捜査にスパイ活動を認め、今月にはおとり捜査官に中国政府を支援し続ける意思を示し「祖国」の成功を願うと述べたという。 (共同)