記事詳細

国民・玉木代表が強烈なド正論! 「内ゲバするなら全額国庫返納」 50億円総取り狙う合流組にチクリ (1/2ページ)

 国民民主党の玉木雄一郎代表が、ド正論を放った。同党が、立憲民主党への合流組と不参加組に分かれることを受けて、税金から支出された政党助成金が含まれる「約50億円」という資金の行方が注目されているが、「内ゲバなら全額国庫返納」という方針を示したのだ。確かに、選挙目当てで「政策・理念」を無視して離合集散するようなら、新型コロナ対策に使った方がいい。

 国民民主党は19日、両院議員総会を都内で開き、立憲民主党との合流新党を結成する方針を賛成多数で了承した。新党には、平野博文幹事長や、原口一博国対委員長、小沢一郎衆院議員ら、衆参の所属議員62人の多くが参加する見込み。9月中にも「帰ってきた民主党」とも言われる140人超の新党が誕生しそうだ。

 一方、玉木氏は「政策・理念」重視で、合流新党に参加しない意向を改めて表明した。前原誠司元外相や、古川元久代表代行、山尾志桜里衆院議員らも不参加を明言している。

 こうしたなか、焦点とみられるのが「50億円」争奪戦だ。合流組は新党への「持参金」が減ると、合流後の影響力が低下するとして、「金を分け合う分党はダメだ」と総取りする構えだ。合流組には、政治資金に精通する“大物議員”もいる。

関連ニュース