記事詳細

香港より過酷…「ウイグル問題」の実態 BBCのスクープ映像に中国側「虚偽」だと猛反発 日本ウイグル協会幹部「数カ月間壁に鎖でつながれ生活」 (1/2ページ)

 「香港国家安全維持法」による民主活動家の逮捕などで中国が世界から非難を浴びているが、以前から深刻な人権侵害が指摘されている地域の一つが新疆ウイグル自治区だ。ウイグル人が施設に収容される内部映像を英BBCが公開したところ、中国側は「虚偽」だと猛反発する。そこで日本で活動するウイグル人に話を聞いたところ、想像を絶する過酷な弾圧の実態を証言した。

 BBCは先月、ウイグル人男性が収容施設の内部を撮影したとする映像を放映した。窓に格子がある部屋でベッドのフレームに手錠でつながれた男性が映し出されている。男性のチャットでは、狭い部屋に50~60人が拘束され、どこからか絶えず叫び声が聞こえてくるなどとやり取りしたと報じている。

 番組には中国の劉暁明駐英大使が出演し、ウイグル人が目隠しをされ列車に乗せられる映像について「でっちあげで中国を攻撃している」と否定した。

 今月8日の人民日報(日本語電子版)は、中国外交部がBBCのウイグル報道が虚偽だとして同局の北京駐在記者に厳正な申し入れをしたと報じた。外交部の責任者は「ウイグルに関する虚偽の情報を多く取り込み、実態とかけ離れている」「イデオロギー的偏見を捨て去って、客観的に中国を報道するよう促す」などと指摘したという。

 中国側の言い分について、日本ウイグル協会のアフメット・レテプ副会長は「中国は証拠が出るたびに嘘だと言い張るが、取材場所を制限し、取材するメディアも選択しており、説得力があるはずがない」と語る。

関連ニュース