記事詳細

中国への情報漏洩「大きな問題」 自民・甘利氏インタビュー詳報  (1/2ページ)

 自民党の甘利明税制調査会長のインタビューの詳報は次の通り。

 --国際機関を取り巻く現状は

 「国際機関の役割は世界の共通ルールを作り、秩序を形成することだが、中国が各機関を通じて自国に有利なルールを作ることが懸念されている。国際機関の基本的な理念と離れた中国による政治利用になる。

 自由や民主主義など普遍の価値を基に戦後の国際機関はできた。その価値にのっとった国際ルールが違う方向に向けば、欧米など日本と価値を共有する国としては、本来の姿で運営ができるようハンドリングしていかなければいけない」

 --動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」など中国発のアプリによる情報漏洩(ろうえい)が懸念されている

 「ティックトックは米国や英国などが利用禁止を検討したり、既に禁止の措置がとられたりしている。(自ら会長を務める)党ルール形成戦略議員連盟の提言では、日本でも中国発アプリの利用を制限するよう求める。若者を中心としたアプリのユーザーには『自分の名前や電話番号程度が流出しても問題ない』と軽く考えている人がいるかもしれないが、個人情報全体が中国に渡る恐れがある。大きな問題だ」