記事詳細

自民党総裁選、最大派閥「細田派」の動向がカギ 二階派が菅氏支援で石破氏は一転窮地に (1/2ページ)

 安倍晋三首相(65)の後継を選ぶ自民党総裁選が本格化してきた。菅義偉官房長官(71、無派閥)が出馬の意向を固め、岸田文雄政調会長(63、岸田派47人)は出馬を明言、石破茂元幹事長(63、石破派19人)も意欲を見せている。3氏を軸とした構図が固まりつつあるが、カギは安倍首相の出身派閥である党内最大派閥・細田派(98人)の動向だ。

 「ずっと(安倍首相の)側で支えてきた私としても大変残念ですが、国民の命と暮らしを守るため、全力で職責を全うしてまいります」

 菅氏は29日、安倍首相の辞任表明を受けて、ブログでこう発信した。

 これまで、菅氏は「ポスト安倍」について、「考えたこともない」と否定してきたが、同日、都内で二階俊博幹事長(81、二階派47人)らと会談し、「総裁選日程が(9月1日に)決まったら正式に出馬表明をしたい」と意欲を伝えた。二階氏は「頑張ってください」と激励したという。

 二階派は幹部らが30日、対応を協議し、いち早く「菅氏支持」を確認した。竹下派(54人)でも参院側を中心に、菅氏を支援する声が拡大しつつある。31日には菅氏に近い無派閥議員らも会合を開き、菅氏に出馬を要請する。

 岸田氏は31日朝、日本テレビ系「スッキリ」に生出演し、「コロナ禍で感染症に強い社会をつくる。経済対策として『格差』に取り組む」などと出馬意欲を語った。

関連ニュース