記事詳細

石破氏、キャッチフレーズは「納得と共感」

 自民党の石破茂元幹事長は1日午前のテレビ朝日番組で、安倍晋三首相(自民党総裁)の後継を決める総裁選に自身が出馬する際のキャッチフレーズとして「納得と共感」を掲げると明らかにした。「法律も予算も全国民に適用されるものだ。『よし一緒にやろう』と思ってもらうことが大切だ」と述べた。

 石破氏は1日午後、正式に出馬表明する。平成30年の前回総裁選では、「正直、公正」を揚げていた。

 また、石破派(水月会)内には、総裁選で党員・党友投票が省略された場合は出馬を見送るべきとの意見があったとし、「党員一人一人の意思が表明されない選挙に意味があるのかという意見だった」と語った。(産経新聞)