記事詳細

高須院長激怒!「これは犯罪ではないか」 大村知事リコール事務局に「盗聴器」か

 愛知県の大村秀章知事(60)のリコールに向けた署名活動に絡み、活動の発起人で「高須クリニック」院長の高須克弥氏(75)は11日、「お辞め下さい大村秀章愛知県知事 愛知100万人リコールの会」の名古屋市内の事務局本部に、盗聴器とみられる機器が仕掛けられているのがみつかったと明かした。

 高須氏は「事務局に盗聴器が仕掛けられているのを発見!これは犯罪ではないか。警察に届ける」とツイート。電源タップのような機器の画像も添えられていた。

 機器は盗聴探知機が反応したことで発見されたという。盗聴器の種類として、目立たず電力を得られる電源タップを模した機器は多い。

 今月1日には虚偽の情報をツイッターで拡散して署名活動を妨害したとして、地方自治法違反の疑いで著名人3人を刑事告発したと公表。2日には運営するホームページにアクセスできないトラブルも発生していた。

関連ニュース