記事詳細

【くどうまおり 幸せおじさん製造所】新型コロナの陰で相談件数急増 「望まぬ妊娠」なくす性教育広めて (2/2ページ)

 ルナルナの調査で、「あなたはこれまで、避妊に失敗したと不安になった経験がありますか?」という問いには6割の女性が「はい」と答えています。「妊娠を望んでいないときの性交渉時に、パートナーがきちんと避妊をしなかったことはありますか?」という質問には、5割の方が「はい」と回答。そもそも「恥ずかしい」という理由で性教育の授業すら真面目に聞かず、SNSや人から聞いた話を鵜呑みにしてしまう若者も多いといいます。

 なんとかご家庭と学校が協力して「望まぬ妊娠」をなくすための性教育を広めてほしい、そして、何かあったときに身近に相談にのってもらえる環境を整えてほしいものです。せっかく誕生した命を殺したい人はだれもいません。そうならないために。

 ■くどうまおり 津田塾大学数学科卒。大手人材会社を経て、セクシュアルウェルネスメーカー、TENGAの広報に転職。女性向けセルフプレジャー・アイテムブランドirohaのPRなどに携わった後、フリーランスに。PR業務、恋愛・性・キャリアに関するコラムを執筆。

関連ニュース