記事詳細

コロナ禍のしわ寄せは大学生や高校生に… 内定取り消し昨年の5倍

 しわ寄せは若者に来ているのか。厚生労働省は15日、2020年春卒業の大学生や高校生への採用内定取り消しが、8月末時点で76事業所、174人だったと発表した。19年春卒を対象とした調査の約5倍で、コロナ禍が大きく影響した。入社時期が遅れたり、自宅待機になったりした学生も1210人いた。全国のハローワークを通じて集計した。

 内定取り消しは解雇に相当するため、客観的で合理的な理由がない場合は無効となる。3月ごろから内定取り消しが相次いだことを受け、厚労省はハローワークに相談窓口を設置するなど対策を講じている。

 業種別では、理容業などの生活関連サービス・娯楽業が42人で最多。卸売・小売業が40人、宿泊・飲食サービス業が20人と続いた。入社時期が遅れるなどしたのは87事業所、1210人だった。

関連ニュース