記事詳細

拳銃部品譲渡疑い サイト運営の男女逮捕

 インターネットサイトを通じて拳銃の部品を譲り渡したとして、神奈川県警は16日までに、銃刀法違反(譲り渡し)の疑いで、いずれもサイト運営会社役員で、稲川直明容疑者(56)と園田淑恵容疑者(61)を逮捕した。

 稲川容疑者は部品を米国で購入して日本に持ち込んだと話しており、「日本でも販売していいものだと思った」と供述。園田容疑者は「サバイバルゲームに使う玩具だと思っていた」と話している。

 逮捕容疑は、ネットサイトで受注して代金約10万円を指定の口座に振り込ませ、4月1日に拳銃部品が入った段ボールを横浜市内のアパートへ配達させ譲り渡した疑い。

 捜査員が身分を隠してサイトで購入し、科学捜査研究所(科捜研)の鑑定で真正拳銃の部品と判明した。

関連ニュース