記事詳細

【菊池雅之 最新国防ファイル】エルトゥールル号遭難事件から130年…日本とトルコの「信頼関係」醸成へ続く交流 (1/2ページ)

 今年は、オスマン帝国(一部は現在のトルコ)の軍艦エルトゥールル号の遭難事件から130年の節目を迎える。日本人には、あまりなじみのない遭難事件だが、トルコ海軍に入隊すると、「戦史」の1つとして必ず学ぶという。

 1890年6月、軍艦エルトゥールル号は11カ月をかけて横浜港へやってきた。皇帝親書を明治天皇へ奉呈し、親善訪日使節団としての役目を果たした。乗員にコレラが出るなどして、帰国予定は先延ばしとなった。9月に入り、ようやく帰国の準備が整った。

 日本側は、台風が近づいていることを理由に、滞在期間をさらに伸ばすことを提案するが、エルトゥールル号は帰国を急ぐ選択をし、9月15日に出港した。翌16日午後9時ごろ、現在の和歌山県串本町沖に差し掛かったあたりで、台風の影響を受けて座礁してしまった。機関部に浸水し、水蒸気爆発を起こし、同10時半ごろ沈没した。

 近くの灯台付近に泳ぎ着くなどした69人は助かったが、乗員の大多数(587人)は死亡または行方不明となった。地元住民たちは、生存者たちを治療し、衣服や食料を与えた。義援金も集められた。

 明治天皇は「可能な限りの支援を行うように」と政府に命じた。日本帝国海軍は、生存者を帰還させる任務を帯びた。「比叡」と「金剛」の2隻が、神戸港で生存者を乗せて、オスマン帝国へと向かった。

関連ニュース