記事詳細

秋葉原の「キャッチ」が自粛後に過激化 近隣から苦情発生 (1/3ページ)

 繁華街などでよく見られる客引き行為をする人たち、いわゆる「キャッチ」は、今では多くの街で迷惑防止条例のもと禁止行為とされている。キャッチはたいていの繁華街では圧倒的に男性が担っているが、秋葉原ではメイド姿のキャッチが路上のそこかしこに立っていることでも知られていた。ライターの宮添優氏が、新型コロナウイルスによる自粛を経て、秋葉原のキャッチに起きた変化についてレポートする。

* * *

 「コロナの影響か、一時期はいなかったんだけどね。また戻ってきたんだよ…。鬱陶しいったらありゃしないし、あんな年頃のお子さんたちがねえ。親御さんはご存知なのかしら」

 東京・秋葉原の中央通りから一本入った路地に佇み、ため息混じりに話すのは、近くで飲食店を営む本城徹さん(仮名・50代)だ。視線の先には、電気店や飲食店といった営業中店舗の電飾が輝いているが、新型コロナウイルスの影響で街には完全に人は戻らず閑散としている。だから目立つ、のかもしれないが、数メートルおきにメイド服や高校生風の制服をまとった女性が立っている。

 「全員、ガールズバーやリフレの従業員で、客引きとして街頭に立っているのです」

 彼女たちがいわゆる「キャッチ(客引き)」であると指摘するのは、大手紙の警視庁担当記者。新宿・歌舞伎町や台東区上野の繁華街同様に、秋葉原エリアを擁する千代田区の条例でもキャッチは禁止されているはずだが、取締りに当たる管轄警察署などの指導や警告に従わず、彼女たちの行為は日々エスカレートしてきたという。

NEWSポストセブン

関連ニュース