記事詳細

コロナで窮した地下アイドル「接触仕事に舞い戻り」と嘆息 (1/3ページ)

 新型コロナウイルスの濃厚接触者とは、発病した日以降に感染確定患者と同居していたり、長時間を同じ密閉空間(たとえば飛行機など)で過ごす、およそ2メートル以内で予防策なしに接触した人などのことを言う。避けられる行為を避けようという機運が高まると友に、心配されたのが地下アイドルたちの活動だ。ライブやイベントを中心に活躍することからライブアイドルとも呼ばれるアイドルたちは、その収入源の多くが、ファント実際に会ったときのグッズ販売やチェキなどに頼っている。芸能プロ所属であっても、ほとんどが歩合制で契約しているアイドルたちは、いま何をしているのか。ライターの宮添優氏が、現役地下アイドルの一人の今をリポートする。

* * *

 「接触が嫌だからこの仕事についたのに、また舞い戻っちゃった感じだよね」

 電子タバコの煙をすぼめた口から細く吐き出し、諦めたような表情で思いを吐露するのは、東京・秋葉原の現役リフレ嬢・丸山たまきさん(仮名・20代)。リフレとは、足つぼマッサージの一種であるリフレクソロジーの略で、その施術をする女性をリフレ嬢と呼んでいる。だが、丸山さんはライブハウスで歌って踊る「地下アイドル」だったはずだ。

 「一応、首都圏のライブハウスとかカフェでライブやって握手会して……絶対に来てくれるお客さんは5人くらい。毎回物販で数万円使ってくれるし、その5分の1が私の取り分。固定給はないから出た分だけ。推して(応援して)くれる人たくさん欲しいから、握手とハグはかなり頑張ったね(笑)。でもそれ以上は絶対しない、そこはプライドがあった」(丸山さん)

NEWSポストセブン

関連ニュース