記事詳細

【永田町・霞が関インサイド】米大統領選、トランプ氏の猛“口”撃からバイデン氏は身を守れるか (1/2ページ)

 9月29日午後9時~10時半(米国東部標準時間・日本時間30日午前10時~11時半)、共和、民主両党の米大統領候補による第1回テレビ討論会が、オハイオ州クリーブランドで開かれる。

 ドナルド・トランプ大統領再選、それともジョー・バイデン前副大統領勝利のいずれかを占う上で、最も重要なイベントだ。

 第2回が10月15日にフロリダ州マイアミ、第3回は同22日にテネシー州ナッシュビルで開催されるが、全米テレビ中継である。

 2016年のヒラリー・クリントン氏vsトランプ氏の第1回討論会の視聴者数は過去最高の8400万人で、米国人が熱狂する全米フットボールリーグ(NFL)の王者を決めるスーパーボウルの視聴者数9900万人(今年2月)に肉薄するほどだった。

 では、討論会がどれほど有権者の投票行動に影響を与えるのか。

 選挙後のニールセン社調査によると、おおむね60~70%程度の有権者が、投票するにあたって討論会を参考にしたと回答している。

 一方で、大統領候補を正式決定する共和、民主両党大会前後に投票先を決めている有権者は64%に達し、そのほとんどがテレビ討論会前に決めていたことになる。

関連ニュース