記事詳細

【くどうまおり 幸せおじさん製造所】“リアルに学べる”性教育ドラマが話題 女子高生の揺れ動くリアルな心情と青春物語を描く (2/2ページ)

 ドラマ制作にあたっては、産婦人科医を医療監修につけていることから、医療的な正しい知識に裏付けられています。このため、SNS上では「大人にも、10代にも見てもらいたい」という声が多数あがっていました。性のことをリアルに、そして真面目に知ることができる、いわば性教育の番組としても注目をされているのです。

 性教育のことは、授業でなんとなく学ぶけれど、実際自分にその時が訪れると「知識として学んだ性」と「リアルな性」のギャップを感じる人がほとんどでしょう。読者のみなさんは、もう遠い昔のことで忘れたかもしれませんが、子供や孫の世代も同じ不安を抱えています。

 ネットで調べても何が正しいのかわからず、1人で悩むことが多いのが「性の悩み」。このように、物語形式でよりリアルに学ぶことによって自分の身体のことを深く知るキッカケになるのは素晴らしいと思います。

 ■くどうまおり 津田塾大学数学科卒。大手人材会社を経て、セクシュアルウェルネスメーカー、TENGAの広報に転職。女性向けセルフプレジャー・アイテムブランドirohaのPRなどに携わった後、フリーランスに。PR業務、恋愛・性・キャリアに関するコラムを執筆。

関連ニュース