記事詳細

中国「台湾スパイ数百件摘発」 香港デモ参加者が公開懺悔も  (1/2ページ)

 【北京=西見由章】中国の官製メディアは12日までに、国家安全当局が「台湾のスパイ」による数百件の事件を集中的に摘発したと伝えた。香港の反政府デモを支援したとされる台湾人被告が“懺悔(ざんげ)”する映像も放映した。「一つの中国」原則を認めない台湾の蔡英文政権への圧力を強め、香港民主派との連携を牽制(けんせい)する狙いがありそうだ。

 中国国営中央テレビ(CCTV)などによると、台湾人ビジネスマンの李孟居氏は昨年8月、香港に隣接する広東省深●(=土へんに川)(しんせん)の競技場で、人民武装警察部隊(武警)が訓練している様子を違法に撮影したとして国家安全危害容疑で拘束された。動画16本と写真48枚を撮影し、自らが所属する台湾独立派団体に送信したという。

 李氏は撮影直前に台湾から香港にわたり、逃亡犯条例改正案の撤回を政府に求める抗議デモに参加。「台湾人と香港人はともにある。香港頑張れ!」と書かれたチラシをデモ隊に配り、記念撮影するなどしていた。