記事詳細

愛知県・大村知事リコール運動が大詰め 高須氏「勝利を確信」も油断なし

 愛知県の大村秀章知事(60)のリコールに向けた署名活動が、一部地域を除いて残り10日ほどになった。発起人である「高須クリニック」の高須克弥院長(75)は「(勝利を)確信している」と発信しているが、決して油断はしていない。地元メディアが「報道しない自由」を行使するなか、高須院長は今週末、著名人とともに街頭に立ち、愛知県民の良心に訴える。

 リコール運動は、大村知事が、多額の税金が投入された昨年の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」で、昭和天皇の写真をバーナーで焼き、その灰を足で踏みつけるような映像作品などの公開を認めたために始まった。

 高須院長は8月末以降、名古屋市の河村たかし市長(71)とともに毎週末、新型コロナウイルス対策に配慮しながら、街頭で署名を呼び掛けてきた。

 車のタイヤのボルトが緩められたり、盗聴器が発見されるなど妨害工作もあったが、多くの賛同者が集まった。選挙のために署名活動が始まっていない一部自治体を除いて、25日に活動は終了する。

 活動が佳境に入るなか、「お辞め下さい大村秀章愛知県知事 愛知100万人リコールの会」事務局によると、18日にはジャーナリストの有本香氏も名古屋駅前などでの署名活動に参加する予定という。

 事務局は31日には公開集計を行い、11月4日に県選挙管理委員会へと集めた署名を届け出て、記者会見も予定している。

関連ニュース