記事詳細

「呆れてものも言えない」金正恩“涙の演説”に庶民は冷淡 (3/3ページ)

 --住民は今回の党創建日の行事について全般的にどう評価している?

 平壌市民「歴史的な場面で、わが国も世界的な地位に堂々と登りつめ、地球の中心に確固たる立場を築いているとプライドを感じている」

 地方住民「私の地元の人々は、党創建の記念日だろうが何だろうが興味がない。さらに平壌で開かれる行事には関心など持たない。当局が伝染病を言い訳にして国境を完全封鎖し、密輸も完全に遮断したので、本当に死にそうで、あちこちからうめき声が上がっている。それなのに、平壌で派手にミサイルの自慢なんかして騒ぎ立てているのを見ると呆れてしまう」

デイリーNKジャパン

関連ニュース