記事詳細

文政権、国民そっちのけで日本製品大量購入! 日立や三菱から5年間で26億円 識者「不買運動は単なるガス抜き」 (3/3ページ)

 韓国の消費者調査会社の消費者満足度調査でも、輸入車カテゴリーで「トヨタ」ブランドがサービス満足度と初期品質満足度で、「レクサス」ブランドがアフターサービス満足度と耐久品質満足度でそれぞれ1位を獲得した。

 だが、日本企業にとっては全く安心できない。元徴用工訴訟の手続きは進んでいる。

 原告側が差し押さえた日本製鉄(旧新日鉄住金)の資産について、大邱(テグ)地裁浦項(ポハン)支部関係者は、関連書類をホームページなどに一定期間掲示することで送達したと見なす「公示送達」の手続きを取ったと明らかにした。売却命令が出るのは、公示送達の効力が発生する12月9日以降となった。

 売却命令手続きをめぐっては、差し押さえ決定書などについても同支部が6月に同様の公示送達手続きを取り、8月に効力が発生した。日本製鉄は差し押さえ決定に即時抗告し、現在も係争中。

 前出の松木氏は「不買運動は単なる国民のガス抜きでしかない。現地の日本法人は多くの雇用を生み出すにもかかわらず、日本企業を追い出そうとするメリットが感じられない。日本への影響は軽微だが、韓国側の行動は理解に苦しむ」と首をかしげた。

関連ニュース