記事詳細

【歳川隆雄 永田町・霞が関インサイド】米大統領選、バイデン氏優勢と伝えられるも…トランプ氏支持の岩盤層は侮れない (1/2ページ)

 米大統領選の投開票は、2週間後の11月3日である。

 最大の焦点は、激戦6州のうちフロリダ州とペンシルベニア州である。特に、東海岸フロリダ州の選挙当日夜の開票速報に注目すべきだ。広大な米国には時差がある。ワシントンなど東海岸と、ロサンゼルスなど西海岸との間には3時間の時差がある。時差の関係から、フロリダ州では開票が進むなかで、米メディア各社の世論調査の結果が他州に先駆けて最も早く報道される。

 加えて、問題視された郵便投票を認めた同州では早期開票集計が行われるので、その結果についてもおおむね判明する。つまり、全米ネットの各テレビ局は第1報を競い合うのだ。

 仮に、民主党のジョー・バイデン前副大統領の「勝利」と伝えるようであれば、大統領選挙人の数が29人とカリフォルニア、テキサス州に次いで多いフロリダ州の投票結果から全州の勝敗を占うことができる。

 筆者の手元に届いた著名なユーラシア・グループ代表のイアン・ブレマー氏のニューズレター「up date」は「65%の確率でバイデン氏勝利」とある。

 また、ワシントンの共和党系コンサルタントのカール・アイゼルバーグ氏が発行する「Monitor」は早くも「バイデン政権名簿」を紹介している。

 では、バイデン氏優勢は本当なのか。

 新型コロナウイルスの治療を終え、退院したドナルド・トランプ大統領が遊説再開の場に選んだのはフロリダ州だった。

関連ニュース