記事詳細

【緊迫する世界】「バイデン大統領」誕生なら米国のパワー衰え、中国がアジアで覇権 台湾めぐって米中衝突の可能性も (1/2ページ)

 今回の米大統領選(11月3日投開票)で、最後となるテレビ討論会が22日(日本時間23日)に行われた。ドナルド・トランプ大統領は劣勢を挽回できなかったようだ。討論会直後のCNNの世論調査で、ジョー・バイデン前副大統領は53%、トランプ氏は39%。米政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」の調査では、全米でバイデン氏が50・7%、トランプ氏は42・8%。激戦州でもバイデン氏が優勢である。

 この調子でいけば、バイデン大統領が誕生しそうだが、その場合、米国はどうなるのか?

 バイデン氏は、米議会の重鎮中の重鎮であり、ワシントンを知り尽くした米国本来のエリート中のエリートである。バラク・オバマ前政権の副大統領を8年間務めた。

 その時の基本姿勢は、軍事よりも外交優先の融和政策を中国などに採った。要するに、バイデン政権は「オバマ政権のリ・ユニオン(再結成)」となろう。「親中」のスーザン・ライス元国連大使や、ジョン・ケリー元国務長官らが、再び政権入りするかもしれない。

 そうなれば、4年間続いた破壊の「トランプ王国」は崩壊する。バイデン氏は、古き良き時代の米国、民主主義、国際主義、世界のリーダーの座を取り戻そうと努力するに違いない。

 ところが、世界は4年前の世界ではない。「法と秩序が崩壊した大国間競争の時代」に突入している。そこへ押っ取り刀で老人と化したバイデン氏が現れて、「グローバル化」や「自由と民主主義の流布」を訴えても世界は元には戻らない。

関連ニュース