記事詳細

【緊迫する世界】米中“開戦前夜”の緊迫状況! 米大統領選に向け台湾海峡めぐり軍事衝突の懸念 菅政権は「ともに戦う覚悟」できるか (1/3ページ)

 米大統領選(11月3日投開票)が佳境を迎えるなか、共産主義と自由主義が対峙(たいじ)する台湾海峡が緊迫している。中国の習近平国家主席は「戦争準備」とも受け取れる過激な発言を繰り返し、中国人民解放軍は9月中旬以降、台湾の防空識別圏に連日のように軍用機を侵入させている。台湾の対岸には、新型弾道ミサイルを実戦配備したという。世界最強の米軍も一歩も引かない構えだ。これらの動きをどう見るか。拓殖大学海外事情研究所所長、川上高司氏が緊急連載「緊迫する世界」で迫った。

 

 米中は現在、台湾海峡を挟んで開戦前夜といえる緊迫状況にある。

 台湾の中央通信社が運営する日本語サイト「フォーカス台湾」は27日、中国軍機による台湾の防空識別圏への侵入が、活動を活発化させた9月16日以降で24回目になったと報じた。

 香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(電子版)は18日、 中国人民解放軍が、極超音速滑空弾道ミサイル「東風(DF)17」を、台湾の対岸にある福建省や広東省に実戦配備したと報じた。東風17は、マッハ5以上で飛翔(ひしょう)し、途中で軌道を不規則に変える。台湾のほか、米空母打撃群も標的とみられるという。

 これに対し、「自由・民主」「人権」「法の支配」という基本的価値観を共有する米国と日本、オーストラリア、インドは6日、東京で「4カ国外相会談」を開催し、対中包囲網といえる「自由で開かれたインド太平洋」戦略で一致。米太平洋艦隊は14日、イージスシステムを搭載したアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦「バリー」を台湾海峡に派遣した。

 もし、米中が台湾海峡をめぐって衝突すれば、米国民の関心は一気に「中国との戦争」に向かい、ドナルド・トランプ大統領の再選は堅い。トランプ氏は苦戦の大統領選に勝利するためにも、最後の「台湾カード」を切ろうとしているのか。

関連ニュース