記事詳細

トランプ大統領、エスパー国防長官を解任 政権のレームダック化が加速か

 ドナルド・トランプ米大統領は9日昼(日本時間10日未明)、エスパー国防長官を突然解任し、国家テロ対策センター(NCTC)のクリストファー・ミラー所長を長官代行に充てたとツイッターで発表した。

 《ミラー氏が国防長官代行に就任することを発表できることをうれしく思う》《クリスは素晴らしい仕事をします! エスパー氏は終了しました。彼の仕事に感謝したい》

 トランプ氏はこうツイートした。

 エスパー氏は、白人警官による黒人男性暴行死事件(今年6月)に伴う抗議デモへの対応をめぐって、軍投入を唱えたトランプ氏に反対し、確執が指摘されていた。大統領選の投開票直後から、米主要メディアが「エスパー氏は辞表を準備している」と報じていた。

 トランプ氏は大統領選の敗北を認めていないが、重要閣僚の解任で政権のレームダック(死に体)化が加速する可能性がある。

関連ニュース