記事詳細

「執権欲に狂った老いぼれ」バイデンを罵倒した金正恩の焦り (1/2ページ)

 米大統領選でのジョー・バイデン民主党候補の勝利を受けて、対米関係の打開をトランプ大統領との「個人的関係」に大きく依存してきた北朝鮮の金正恩党委員長は、いま何を思っているのだろうか。

 北朝鮮は、バイデン氏が副大統領を務めたオバマ前政権を激しく忌み嫌っていた。来年1月に発足することになるバイデン次期政権についても、強い警戒心を抱いているだろう。

 北朝鮮メディアはすでに昨年の時点で、バイデン氏を罵倒している。朝鮮中央通信は「狂犬は一刻も早く棍棒で叩き殺すべき」と題した2019年11月14日付の論評で、「大統領選挙で2回も落選しても三日飢えた野良犬のように歩き回り、大統領選挙競争に熱を上げているというのだから、バイデンこそ、執権欲に狂った老いぼれ狂人である」とこき下ろした。

 北朝鮮がバイデン氏を警戒する最大の理由は人権問題だろう。金正恩氏がトランプ氏とウマが合った理由は、トランプ氏が北朝鮮の人権侵害を追及しなかったからだ。

 (参考記事:女性芸能人らを「失禁」させた金正恩の残酷ショー

 しかし、人権を重視することで知られるバイデン氏とはそうは行くまい。同氏は昨年11月11日にアイオワ州で行った演説で、金正恩氏のことを「自分の叔父の頭を吹き飛ばし、空港で兄を暗殺した」と非難した。また、バイデン陣営は選挙のためのテレビCMでトランプ氏が金正恩氏やロシアのプーチン大統領らと握手する映像を流し、彼らを「独裁者」「暴君」などと呼んだ。

デイリーNKジャパン

関連ニュース