記事詳細

「第3波は人災」立民・枝野代表、政府のコロナ対策を批判 国会で追及強化へ

 立憲民主党の枝野幸男代表は13日午後、新型コロナウイルスの感染者数が拡大している現状について「第2波のピークを越えており、明確な第3波だ」と指摘した。政府が検査の数を増やさなかったことが原因だとも主張し、「今回は完全に人災だ」と批判した。国会内で記者団に語った。

 枝野氏は、立民がこれまで、新型コロナ禍で経済活動を再開するにあたり「PCRなどの検査を拡大すべきだ」と主張してきたことに言及。「人災だ。『Go To(キャンペーン)』が悪かったのではなく、『検査なきGo To』が問題だった」と述べた。

 その上で「旅行に行く人には、安い費用の検査で感染していないと確認してもらうといったことをセットで行えば、こうした状況は作られなかったのではないか」と語り、検査数を早急に増やすよう求めた。

 臨時国会は週明けに後半戦に入る。前半戦では日本学術会議に関する質問が目立った立民だが、今後は政府の新型コロナ対応への追及を強化する構え。菅義偉(すが・よしひで)首相が出席する予算委員会の集中審議が月内に開かれる予定で、立民幹部は「予算委は『GoTo』を続けるか中断するかの『「GoTo政局』になる」と語った。(産経新聞)

関連ニュース