記事詳細

ブラジルで中国製ワクチン治験 背景に大統領選巡る駆け引き (1/2ページ)

 ブラジル国家衛生監督庁は11月9日、中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発中の新型コロナウイルスのワクチン治験について「深刻な事態」があったとして中断したと発表した。その「深刻な事態」とは「治験者が10月29日に死亡した」ことだったが、死因が自殺だったことが発覚。中断決定2日後の11日、同監督庁は治験再開を指示した。

 この決定をめぐって、BBC放送は「今回の決定は、次期ブラジル大統領選をめぐる現職の大統領とサンパウロ州知事との政争が影響している」と報じている。

 このワクチンはシノバックとサンパウロのブタンタン研究所が提携して開発しているもので、研究所は今年7月、同監督庁の許可を得て、治験を開始。9月にはボランティアの数が9000人から1万3000人に拡大していた。

 「深刻な事態」について、研究所サイドは「死亡と治験との関係はない」と主張していたが、ネット上では「恐れていたことが起きた。新薬の安全性は十分重視すべきで、中断して正解だ」との意見もあった。一方で、「新薬の治験での死亡事故は交通事故と同じで、わずかな確率だ。突発的なものだ」、「これで、中国を目の敵にしている西側のメディアが大騒ぎするだろう」との相反したコメントも投稿されていた。

NEWSポストセブン

関連ニュース