記事詳細

英ジョンソン首相、最新鋭空母をアジア派遣へ 中国に対抗、ASEAN議長声明 ファイブ・アイズも「深刻な懸念」 (1/2ページ)

 習近平国家主席率いる中国の軍事的覇権拡大の動きに、世界各国が警戒を強めている。東南アジア諸国連合(ASEAN)は20日、東アジアサミットの議長声明を発表し、南シナ海情勢について「深刻な懸念」という強い文言を盛り込んだ。米国中心の「ファイブ・アイズ」の5カ国も香港問題について懸念を示し、英国は最新鋭空母のアジア地域への派遣を打ち出した。これに対し、中国外務省は猛反発し、習氏はTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への参加意欲を示すなど揺さぶりをかけてきた。

 「地域の安定を損なう可能性がある活動や深刻な事案などに対し、一部の首脳から深刻な懸念が提起された」

 東アジアサミットは14日、日米中韓なども交えてオンラインで開催された。20日に発表された議長声明は、中国の名指しは避けながらも、昨年より踏み込んだ表現で、関係国の厳しい認識を反映させた。

 中国は南シナ海で、独自の境界線「九段線」に基づきほぼ全域での権益を主張し、ASEAN議長国ベトナムなど他の沿岸国と対立している。

 これに先立ち、米国と英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの外相は18日、中国が香港立法会(議会)議員の資格剥奪を可能にする新たなルールを決めたことに、「深刻な懸念」を表明した。5カ国は安全保障上の機密情報を共有する「ファイブ・アイズ」を構成する。

関連ニュース