記事詳細

顧問弁護士のジュリアーニ氏が新型コロナ感染 トランプ氏が発表 米大統領選の「法廷闘争」に影響か

 ドナルド・トランプ米大統領は6日、元ニューヨーク市長で、自身の顧問弁護士であるルドルフ・ジュリアーニ氏(76)が、新型コロナウイルス検査で陽性だったとツイッターで明らかにした。症状や感染経路などには言及しなかった。

 ジュリアーニ氏は、11月の大統領選について「大規模な不正選挙だった」「選挙が(民主党に)盗まれた」として、トランプ陣営が展開している一連の訴訟を率いている。

 トランプ氏は「早く良くなって。ともに頑張ろう!」とツイッターに書き込み、ジュリアーニ氏を気遣った。ジュリアーニ氏の病状次第で、トランプ陣営の法廷闘争に影響が出る可能性もある。

 ジュリアーニ氏は、トランプ氏のツイートに先立ち、FOXニュースの番組に出演した。

 ジュリアーニ氏は先週、南部ジョージア州や中西部ミシガン州を訪れ、州議会の会合などで選挙結果に関する異議申し立てを相次ぎ行っている。

関連ニュース