記事詳細

年明けに「東京だけで陽性者4000人」AIが衝撃予測! 医療体制の警戒度「逼迫」に引き上げも…識者「数だけで騒ぎ立てるべきではない」 (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの国内の新規感染者は17日に3211人が確認され、過去最多を更新した。東京都は822人まで増え、4段階で示す医療提供体制の警戒度を最高レベルの「逼迫(ひっぱく)している」に初めて引き上げた。ただ、この日の死者はゼロで重症者も減っている。グーグルは人工知能(AI)による予測で年明けに東京で「4000人」に迫る陽性者が出るとした一方、「死者は1人」としている。

 「過去にない数字。非常に多い」。17日の記者会見で小池百合子知事は警戒感をあらわにした。都は医療機関に確保病床を3000床から4000床に増やし、このうち重症者用病床を50床増の250床にするよう要請した。現在は入院としている65歳以上70歳未満の軽症者らについて、基礎疾患などがない場合は宿泊療養施設で受け入れることも検討している。

 医療崩壊の懸念は予断を許さないが、冷静になる必要もある。都が参考としている3日前の検査件数は1万991件まで増えている。17日の死者はゼロ。入院患者は前日より8人減って1952人、うち重症者は3人減の66人となっている。

 グーグルのAI予測では、今月15日から来年1月11日まで28日間の新規陽性者数は6万3931人。ピークは来年1月5日で、3938人の陽性者が出るとしている。一方で、死者数は28日間で54人で、1月5日の死者は1人という予測だ。

関連ニュース