記事詳細

副業の違法サイトが摘発され、すべてを失った男の懺悔告白 (1/5ページ)

 仕事の目的が「金銭を得ること」「利益を上げること」であるのは間違っていないが、目的が「それだけ」になっている状態は果たして健全と言えるのか。その仕事の内容、やり方がどれだけ反社会的だったり倫理観に乏しいとしても、金儲けができる=有能と単純に結びつけるのは何かが狂っていないだろうか? 運営するブログやホームページなどにアフィリエイト広告を掲載する「副業」で本業を上回る収入を得ていたものの、違法コンテンツに頼っていたためすべてを失った40代男性の後悔とこれからについて、ライターの森鷹久氏がレポートする。

 * * *

 「後ろめたい気持ちはずっとあった。ただ、これでお金が稼げるし、良い生活ができる。辞められなくなったんです」

 北関東某市在住の作業員・福田翔平さん(仮名・40代)は元々、都内の化学メーカーに勤務する平凡なサラリーマンで、かつての年収は490万円ほど。妻と幼稚園に通う娘の三人で、古いが住み心地は良かったという社宅で暮らしていた。贅沢をしなければ何不自由なく生活ができたし、貯金もできていた。あと数年もしたら頭金を用意して、郊外に戸建てを建てよう、そんな夢を妻と語り合ったりもしたという。堅実だった男性が後ろめたさを感じつつも、辞められなくなってしまったのが、アフィリエイトで収入を得る「副業」だった。

 遡ること15年ほど前、きっかけは、その後、副業にどっぷりハマってしまったときの動機「金儲け」とは無縁のところから始まった。

 「何気なくSNSを見ていたところ『アイドルの放送事故映像』という文字が目に飛び込んできました。そのアイドル、私が昔からファンだった子で、思わずそのリンクを踏んじゃったんです。本当に軽い気持ち、どれどれ? というような……」

 福田さんが踏んだリンク先には、そのアイドル女性が制服姿で映る動画があった。女性が向きを変えた瞬間、着用していたミニスカートがふわりと浮き上がり、下着が見えたような気がしたが画質が悪く、よくわからない。しかし、ちょっと得した気分に浸り、何気ない気持ちでその映像をダウンロードしたのである。

 その数日後、ネット掲示板上で見かけたのは、例の映像を見そびれた、というネット住民たちの声。拡散されていたはずの映像はほとんど消されてしまい、残っていなかったのである。映像を保存していた福田さんは、動画共有サービスサイトに持っていた自身のアカウントで「はい、どうぞ」というコメントともに動画をアップ。そのページへのリンクを掲示板に貼り付けた。すると、予想外の反響に驚かされることとなった。

NEWSポストセブン

関連ニュース